映画もいいですけど、本も読みたいですね。

以前まではレンタルDVDをちょくちょくしていたのですが、最近はごぶさたしているので、久しぶりに映画やドラマでもレンタルしてみようかなとおもっております。
でも、本から得ることのできる知識というのもやはり、大切なものです。

ただ、本を購入するにしても、新刊本だとだいたい1500円程度はします。
一方、レンタルDVDをする場合だと、千円あれば、1ヶ月分のレンタル料金にはなります。
どちらが長く楽しめるかという点を考えると、やはり、DVDで映画やドラマなどを見るのがいいような気もするのです。

どちらも大切だとは思いますが、やはり、感動を再生するという点においては、映画の方が一歩リードしているかなという気がします。
映画で泣くことはあっても、本で感動して泣いたという記憶は、ないことはないですが、比較的少ないものです。
けれども、イマジネーションを必要とする点からいうと、本の方がある程度の能力(行間を読む読解力)を必要とするものかと思います。
想像力を駆使し、過去の書籍から感動を再生するという経験は、実生活においてもやはり必要なものかと思うのです。

このブログ記事について

このページは、ブログの作り方が2010年6月29日 11:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「The Hi-LineのレンタルDVDがない」です。

次のブログ記事は「映画のdvd、私はレンタルして観てますね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。